路線から駅をさがす

  • 大阪市営地下鉄御堂筋線
    大阪の主要な繁華街、ビジネス街である新大阪、梅田、淀屋橋、本町、心斎橋、難波、天王寺をすべて通る路線です。ラインカラーはえんじ色です。 1日100万人以上の乗降客数があり、日本の公営地下鉄で最も黒字額が大きい路線です。
  • 山手線
    東京都心部で環状運転を行っている路線で、毎日600本近く運行されている「東京都心の大動脈」とも言える路線です。 東京の代表的なターミナル駅にすべて停車します。JR全線の中で最も乗降客数が多い路線です。
  • 横須賀線
    横須賀市と東京都心を横浜経由で結ぶ路線です。東京を代表するオフィス街がある東京駅、新橋駅、品川駅に停車することから、昔から極めて需要が高い路線です。 東京駅からは千葉県方面への総武快速線、新宿などの副都心へは湘南新宿ラインが相互直通運転をしています。神奈川方面の住民のみならず千葉方面の総武線...
  • 埼京線
    JRの駅の中では2番目に乗降客数が多い路線です。ラインカラーは緑色です。 新宿、渋谷、池袋という日本で最も利用者数が多い駅に停車し、非常に利便性が高い路線として人気があります。 以前は最も混雑する路線として悪名高い路線でしたが、車両や他路線の敷設によって改善が続いています。
  • 京浜東北線
    大宮駅から上野、東京、品川など東京都心を縦断し、横浜駅へとつながる路線です。ラインカラーは水色です。 山手線と一部区間並走することから山手線の代わりとして使う人もいます。 2020年に田町駅と品川駅の間に新駅が開業する予定です。

最近書かれた駅周辺の口コミ

  • 5.0

    阪東橋駅の住環境

    板東橋駅から3分のところにすんでいます 武蔵小杉周辺から引っ越して2ヵ月になります。 初めはアジア系の人も多く余りにも雰囲気が違うので戸惑うこともありましたがいざすんでみると便利!子育てが終...もっと読む

    2017/05/30

  • 5.0

    阿南駅の住環境

    阿南市に住む男です。阿南市は非常に栄えています。ただ、高松市や徳島市のような都会というわけではなく、住宅街が多い感じですかね〜。そして本題の阿南ですが、かなり大きい駅です。高架はされていない。徳...もっと読む

    2017/05/22

  • 5.0

    阿南駅の住環境

    阿南市に住む男です。阿南市は非常に栄えています。ただ、高松市や徳島市のような都会というわけではなく、住宅街が多い感じですかね〜。そして本題の阿南ですが、かなり大きい駅です。高架はされていない。徳...もっと読む

    2017/05/22

  • 1.0

    藤井駅の住環境

    何もないもっと読む

    2017/05/22

周辺が充実している駅ランキング

  • 新宿駅
    1
    一日平均乗降者数は約335万人と世界一であり、ギネス世界記録に認定されている駅です。 新宿駅周辺は日本最大の繁華街・歓楽街で、夜になっても多くの人で賑わっています。
    都会度:97.2口コミ満足度:3.9
  • 有楽町駅
    2
    東京メトロ有楽町線有楽町駅はJR山手線、京浜東北線が接続しています。 地下と地上まではエスカレーターやエレベーターが設置されています。 JRへの乗り換えには新木場寄りの車両に乗るのがベストです。 なお、東京メトロ有楽町駅からは他にも2路線の乗り換えが便利です。 1つ目は都営地下鉄三田線...
    都会度:94.5口コミ満足度:4.3
  • 銀座一丁目駅
    3
    銀座一丁目駅は地下鉄有楽町線のひと駅で、東京都の中央区にある駅です。 JR山手線や様々な地下鉄線が利用できる有楽町駅も徒歩圏内で、様々な方面にアクセスしやすいロケーションにあります。 この駅の周辺には、大小様々なショッピング施設があり日本全国から多くの人々が集まります。 また、レストラン...
    都会度:94.3口コミ満足度:---
  • 池袋駅
    4
    JR線や西武池袋線、東武東上線、東京メトロ丸ノ内線と有楽町線も使えるので、東西南北どっちへも行ける便利な駅です。 駅を出て少し歩けば、銀行、病院、家電量販店、ブランド店、居酒屋と何でもあります。 言わずと知れた池袋ですが、埼京線ホームからの東口と西口への行き方に最初は戸惑うかもしれません。...
    都会度:94.0口コミ満足度:4.1
  • 京橋・宝町駅
    5
    都営地下鉄線宝町駅は、昭和通りの真下に線路とプラットフォームが設置されている駅です。 地下3階くらいの深いところにある駅ですので、降りていく階段がかなり長く、かつ途中でつづら折れにならない階段が中心なので、駅の南側出口と北側出口を間違えると相当以上を長く歩くことになってしまいます。 また、...
    都会度:93.4口コミ満足度:4.5

最近書かれた路線の口コミ

  • Male young

    21歳(男性)

    2017/02/15

    生田駅は時間帯によりますが、あまり混雑することはありません。
    生田駅周辺は住んでいる人が少ないので、
    特に平日の午後は駅に人が少なく電車では席が空いてることがしばしばあります。
    休日も人が少なくとても乗りやすいです。
    それから他の駅に比べて駅員の方がとても親切なので切符や電子マネーのトラブルには迅速に対応してくれます。

    悪い点は、生田駅の近くに大学があるので朝、夕方はとても混雑します。
    超満員になることはあまりありませんが、居心地はよくないと思います。
    そして、生田駅は各駅停車しか止まらないので、待ち時間がとても長いです。
    急行列車が通過するときはとてもうるさいです。
    各駅停車の列車が止まるまで何本も急行が通過するのでストレスを感じることがよくあります。
    使うときに注意してほしいのは、時間をきちんと調べた方がいいです。
    何分も待たされるのが嫌な人は特に前もって調べておきましょう。
    このように生田駅は一長一短なので、使う人の好みによります。
  • Male young

    20歳(男性)

    2017/02/15

    朝の通勤ラッシュ時、人の量とホームの広さがあってない点や、行先である渋谷駅は地下から地上階までのアクセスや、他の路線への乗り換えが複雑かつ遠いので自分も周囲の人も困っている点が改善してほしいところです。
    いいところも沢山あって、ホームドアの設置で安全対策がきちんとなされている点やラッシュ時のスタッフ増員などがあげられると思います。
    渋谷駅に関していえば、しぶちかラウンジも頻繁に使用させていただいています。
    渋谷の雑多の中、地下に降りると地上とは違った雰囲気と、ラウンジの落ち着きがあるので助かっています。


    電車の運行自体に関しては、本数も非常に多く出身地(神奈川最西端)のように電車の時間に生活を合わせなくても「駅に行けば電車が来る」便利さには驚きと安心を感じています。
    しかし運行本数が多い分、事故や点検などで電車が遅延などした場合、すべてにすぐに影響がでしまうのでそこは改善の余地があると思います。
    車内アナウンスや車内電光掲示板もわかりやすく、聞いたり見たりしていて不快感がない。
  • Male young

    18歳(男性)

    2017/02/15

    名古屋市営地下鉄では愛知県県庁所在地である名古屋を中心に名古屋市の主要都市をほぼ全てカバーしています。

    その為、朝、夕方は学生や社会人のラッシュで呼吸ができないほど混雑することもあります。
    混雑対策の為朝9時ごろまでと夕方から夜にかけては電車が3分に一本のペースで来るため乗り遅れによる遅刻はほとんどありませんでした。

    名古屋駅から栄駅間はどの時間でも必ず混むので、できるだけ車両の中心か端による方が乗りやすいと思います。
    また名古屋駅、栄駅は大変迷いやすいため、乗り換えに利用する際も必ず事前の確認をした方が乗り遅れ対策に繋がると思います。
    名古屋市を観光する際は東山線を用いるのがとても便利だと思います。

    東山線内の中村日赤駅は駅自体が病院内にあり、熱やインフルエンザの時はとても便利です。
    名古屋駅、千種駅、八田駅はJRや近鉄の乗り換えが、栄駅からは高速バスなどへの乗り換えが可能なので、東山線に乗れば全国ほぼ全ての駅に行くことも可能だと思います。
  • Male young

    28歳(男性)

    2017/02/15

    この路線のいいところは、朝早い時間帯だとわりとすいてることです。
    私は都合上、8時~9時に電車に乗りますが、その時の電車の中は乗客があまりのっていないため、席に座るのも容易です。
    席を確保してしまえば、後はそこで本をよんだり、ゲームをしたりできるため、長い乗車時間もゆっくり、楽しく過ごすことができます。
    新幹線で行くのと比べると、3000円ほど値段も安く済ませることができます。
    悪いところは、仙台駅までの路線は乗り継ぎを2回ほどしなければいけないことです。
    30~40分ほど乗っていると、乗り継ぐ駅がくるため、急いで降りて次の電車に乗らないと、乗り遅れて次の電車までまたなければいけなくなります。
    また、仙台駅に近づくに従って、乗ってくる乗客が多くなるため、席を確保するのが難しくなります。
    なのであらかじめ乗車駅に着く時刻、乗る時刻、乗り継ぐ駅に着く時刻、乗り継ぐ駅から電車に乗る時刻などを計算して、その計画に従って行動するのがいいと思います。
Town footer 1